New visual FX dealings method!

試行錯誤しながら発想の転換によって、
初心者トレーダーでも勝てる手法を考案しました。

その手法の名前は、New visual FX dealings method!
別名『はじめの一歩』って呼んでいます。

パズル感覚で、勝てるポイントを導き、
ピンポイントで狙い撃ちできるようにしています。

日々、高い再現性!高い勝率と高い報酬比率を目指し頑張っています!

650 pips GBPUSD

みなさん!


こんにちは、兼業トレーダーのぽっぽくんです。

ブログの更新ちょっと遅れてしまいました。


匠の技って、ほんとうに凄いですよね。

トレードにも匠の技ってあると思います。


見事に反発点を捉えて、損失を最小限に利益を最大限に獲得する。

どのような相場からも利益を勝ち取るトレード手法。


トレンドとレンジの2つの相場を狙うことができるロジック!

根本原理は1つなんですよね。


わたしは、バイナリーオプションから為替の世界に参入しました。

バイナリーは、反発点が分かれば高い勝率で勝つことができます。

そのため、反発点に関してはかなりの検証をしました。


その結果、どのような答えを導き出したかというと・・・

BOやFXは、勝てる手法だけでは激的に勝てないということです。


もちろん、勝てる手法を考案したことが前提条件にあります。

勝てる手法だからそれなりの利益は残せるんですが・・・


わたしが言いたいのは、最大限にその手法を活かすにはってことなんです。

ちょっと、説明が下手ですいません。


要は、勝てる手法を極めるのはもちろんですが、

その他の手法も知っていることが必要だということです。


他の手法を使って参戦してくるトレーダーのエントリーポイント、

利益確定ポイントおよび損切ポイントを知ることが重要なことなんです。

知ることによって、勝てる手法が最大限に活かせるんですよね。


これって、重要なことだと思いませんか?

他のトレーダーの戦略を知ることによって

自分の戦略をより高い次元に昇華できるんですよね。



現在保有中のGBPUSD

含み益 2ポジ 650 pips














匠の技を継承する!

みなさん、こんにちは!


匠の技って、凄いですよね。
どんな職業でも、匠がいます。


匠になるためには、長い年月がかかると言われています。
なぜなら・・・


技術の伝承は、修行という長い下働きの期間が必要だからです。
料理の世界でもそうですよね。


皿洗いや雑用掃除から始まり、徐々にステップUPしていき、
包丁を持てるようになり野菜を切ったりしながら
段階を経て料理に必要な技術を習得していきます。


一人前になるのにかなりの期間を要しますね。
まして、独立となると料理の技術だけでなく、
経営のノウハウも学ばなければなりません。


トレードに関しても、同じだと言えます。
それなりに相場から利益を獲得するには、
基礎理論を学び勝てる手法を習得しなければなりません。


しかし、やる気や努力してもなかなか勝てないのはなぜでしょうか?


ひとつは、努力しているつもり、
勉強してるつもりなんじゃないでしょうか。
的外れな努力や勉強、同じことの堂々巡り的な・・・


まず、自分の現在の立ち位置
すなわち自分のトレード技術を客観的に見れるかどうかだと思います。


客観的に見るためにはどうすればいいのでしょうか。


一番効果のある方法は、
自分よりトレード技術のある方に判断してもらうことです。
そのような人物を見つけて教えてもらうのが現状打破できるチャンスですね。


その次に、その人の良いところを吸収して自分のものにすることです。
良いところをですよ。けっして悪いところを相続する必要はありません。


そうすることによって、短期間にスキルUPができるようになります。
もちろん、ベクトルのあった努力は必要となります。



では、
匠の技を継承することは可能なのでしょうか。


それも短期間で


そう、短期間にです。


その人の適正もあると思いますが、可能だと思います。
今、研究機関では匠の技を数値化して、様々な方法で実現させようとしています。


最後、人の手で仕上げをして完成という段階まできています。
CAD/CAM の応用なども匠の技を継承するのに使われていますね。


じゃあ、FX のトレードにおいても匠の技の継承は可能なのでしょうか?
これが、みなさんの一番興味あることだと思います。


結論からいって・・・


可能です。



まず、FX トレードにおける匠の技を定義しなければなりませんね。


究極は、


どのような相場からも利益を得る!だと思います。


その他ありますが、究極はこれなんでしょうかね。


もちろん、押し目や戻り目をピンポイントで狙える!も含まれると思います。


ギャンブル的なものでなく、
高い再現性で狙えるかどうかが、
匠の技を数値化ってことに繋がってくると思います。


では、どのように数値化して狙うのでしょうか・・・
わたしの友人達は、ある技術職の技術習得において
バーチャルリアリティを用いる方法を研究開発してきました。


その経験を活かして、発想の転換をはかり、
初心者でも匠の技を実現可能にするチャートを考案しました。
そのチャートが通称『はじめの一歩』です。


『はじめの一歩』New visual FX dealings method!では、


押し目や戻り目の反発点を視覚的に捉えれるようにしています。


チャートで視覚的にエントリーゾーンを判断し、
パズル感覚でエントリーポイントを狙い撃ちします。


初心者トレーダーでも、パズルを組み合わせるだけで
匠の技のような裁量トレードが短期間で実現可能になりました。


こんなトレード良いと思いませんか?
裁量トレードの最終形態が『はじめの一歩』です。
これで終わりでなく、日々進化させようと頑張っています。








先週からの保有・・・

みなさん!


こんばんは、兼業トレーダーのぽっぽくんです。

春がもうすぐそこまで来ていますね。


小鳥が楽しくエサを探していました。

実際は、楽しくかどうか分かりませんが・・・


EURAUD GBPNZD 先週からの保有分です。

そこそこ利益が出ているので利益確保します。


ロットは、少な目の1万通貨です。

ぽっぽくん的には、ストレスフリーなトレードと考えると1万通貨が良い感じですね。

身の丈に合ったロットでトレードしています。


兼業トレーダーなのでこれで充分ですね。

その他、1分足でのスキャルでも50~100 pips の獲得を狙って

達成できてるので上出来です。


これも、はじめの一歩チャートのおかげですね。


おばちゃんと友人に感謝です。

ありがとう!